外壁タイルの汚れの原因を知り効果的な対策をとる。

家

外壁タイルは施工完了後の見栄えは良くても、雨風や排気ガスなどの影響でだんだん汚れてきてしまいます。タイルの劣化をそのまま放置しておくと、いずれは建物に悪い影響を及ぼしてしまいます。メンテナンスフリーの外壁タイルでも、お手入れが100パーセント必要ないというわけではありません。家の周りの環境や住んでいる地域の気候によっては汚れてしまうことも十分あり得るのです。そこで、外壁タイルの劣化の種類や対策方法について詳しく見てみましょう。

一般の人でもわかる!外壁タイルの劣化の状態

白い筋状の汚れ(白華現象)

外装タイルはたとえメンテナンスフリーのものであったとしても、周りの環境によっては汚れが付着してしまいます。家の周りを車がよく通るのであれば、車の排気ガスの汚れが壁面に付着して、そこに雨水が流れることでスジ状に残ってしまいます。排気ガスは油性成分を含んでいるので中性洗剤で拭き取ることが出来ます。壁の白い汚れは炭酸カルシウムによるもので白華現象といいます。白華現象は「鼻たれ」と「粉吹き」に区別されます。

外壁

表面に虹色の汚れが見える(虹彩現象)

吸水性が少なく、表面にツヤのあるタイルを外壁に使用している人は注意が必要です。このタイプのタイルは汚れが虹色に見える「虹彩現象」が生じやすいのです。この汚れは雨水やセメントに含まれる炭酸塩や硫酸塩など物質によるもので、これが平らな膜状になった時に光の干渉で虹色に見えるのです。この汚れを落とすには、ナイロンたわしを使う機械的な方法とフッ酸系の溶剤を使う科学的な方法があります。タイルによっては傷がついてしまうかもしれないので、事前にサンプルタイルで確認するようにしましょう。

壁

外壁タイルのカビ・コケ

外壁のタイルに生えているカビやコケは、家の外観を悪くしてしまいます。カビやコケは湿気が多くジメジメした場所を好みます。そのため、日当たりの悪い北側の外壁にはカビやコケが生えやすい環境になっているのです。風通しが悪いと尚更です。カビやコケを生やさないためには外壁の近くに物を置かないようにしたり、近くの植え込みの手入れを定期的に行なったりして、常に風通しの良い環境にしておくことが大切です。

コケのあるタイル

外壁タイルの剥離

外壁に使用するタイルは厚さが数ミリ~数センチと薄い素材がほとんどです。タイルは下地の上に接着剤で張り付けます。今では施工技術が向上していることもあり、タイルが剥離することは滅多にありません。しかし、築年数が経った建物はタイルの剥離に気を付けなければいけません。タイルの剥離は接着剤の劣化によって起こります。タイル自体は気候の影響を受けにくいのですが、接着剤は長い間雨風にさらされていると劣化してしまいタイルが剥がれてしまうのです。

崩れたタイル

外壁タイルのひび割れ

タイルは地震や建物に加わる外からの力が原因でひび割れしてしまうことがあります。他にも、温度乾湿の差が原因でひび割れることもあります。コンクリートは空気が乾燥していると収縮し、逆に湿度が高いと膨張します。こうした体積収縮等がひび割れを発生させてしまうのです。ひび割れに気付いたら早めに対処するようにしましょう。

ひびのあるタイル

シーリングの劣化

外壁にはタイルの目地や隙間に合成樹脂や合成ゴムのペーストを充填します。これをシーリングというのですが、シーリング材は経年劣化により建物に悪影響を及ぼしてしまいます。シーリングが剥がれたりひび割れたりすると、そこから雨水が入ってきてしまい、建物内にカビやサビが発生してしまいます。シーリングの劣化が目立ってきたら、打ち替えを行なうようにしましょう。

タイル

外壁タイルの汚れや劣化は、外壁塗装の会社が綺麗にしてくれる!

タイルの汚れの洗浄方法

①施工準備

タイルの汚れを洗浄する際、まずはどの薬品を使用するか試験洗いを行ないます。場合によっては強力な薬品を使用するため、外壁塗装会社は作業前に洗浄する場所以外に薬品が付かないように養生シートで保護します。

②薬品洗浄

薬品が浸透しすぎないように、最初は水だけ浸していきます。その後薬品を塗布し、洗いムラがないように作業員は2人でブラッシングをしていきます。ブラッシングが完了したら、高圧洗浄で薬品を洗い流していきます。

③修正洗い

ブラッシングや高圧洗浄後に目視検査を行ない、タイルの目地やタイルの際に残っている汚れがないか確認していきます。まだ汚れが残っている場合は修正洗いをして完全に汚れを落とせば、タイル洗浄は完了です。

④タイル保護塗装

タイルの洗浄が終わったら、タイルに汚れを付きにくくしてできるだけ綺麗に保てるように保護材を塗布します。この工程は、タイルの目地から雨水が入ってこないようにして、建物の劣化を防ぐためにも重要な作業です。

タイル劣化の修繕方法

剥離

イルが剥離してしまった場合、部分的であれば改めて接着剤を塗り張り付けることができますが、全体的にタイルの劣化が見られるのであれば、タイルの上に新たに外壁をかぶせるといった修繕方法もあります。

ひび割れ

タイルのひび割れの修復方法はひび割れの程度で異なります。ひびが小さい場合はウレタン塗料材や変成シリコンで埋めていきます。ひびが大きいと塗料だけでは修復できないので、最初に削ってからシーリング材で埋めます。

シーリング劣化

シーリングが劣化した場合の補修方法は2つあります、一つは壁に穴をあけてその隙間からシーリング材を注入していく方法で、もう一つは一度外壁材を外し補修してから張り直すという大がかりな方法です。

メンテナンスフリーではない!タイル塗装の必要性!

耐候性の高い塗料をタイルに塗装する

外壁を定期的にメンテナンスするとなると範囲も広いですし、高い場所だと手が届きにくいので大変です。少しでもメンテナンスの手間を省きたいということであれば、今ある外壁の耐候性を高める必要があります。最近は耐久性に優れた塗料も増えているので、そういった塗料を使用することで外壁のメンテナンスが楽になります。塗装には有機塗料と無機塗料を組み合わせた「無機ハイブリッド塗料」が耐久性抜群なのでおすすめです。

塗装をする作業員

シーリング材を耐候性の高いものにする

外壁をメンテナンスフリーに近い状態にしたいのであれば、シーリング材の耐候性がポイントです。シーリング目地は地震などで外壁材にひびが入るのを防ぐために、動きを吸収してくれます。シーリング材は約10年で劣化が始まります。今では耐候性の高いシーリング材が数多く販売されています。外壁を新たに塗装する際は、外壁塗装会社の人と相談して耐候性に優れたシーリング材を使用してもらうようにしましょう。

作業中の人